ばっちり?ナチュラル?メイクの魔法

30代若見えメイクのコツ

30代若見えメイクのコツ

女性の30代はメイクの方法にあらゆるお悩みを持つ年代の始まりともいえます。
20代の頃までのやり方とは変えた方が良いのではないだろうか、できてしまったシミやシワをうまく隠したいなど、せっかくならば若く見えるように仕上げたいものですね。
30代の若見えメイクのコツはコンシーラーとハイライトの使用が重要なポイントとなります。
若い女の子のようにまつ毛やチークで盛るよりも、素肌を自然に美しく見せるようなベースメイクの出来栄え次第で印象がぐっと変わります。
コンシーラーやファンデーションを使用する前に、まずはしっかりと素肌を保湿すること。
崩れたメイクは疲れた印象になりますので、できるだけ仕上がりを長持ちさせることが大切です。
コンシーラーは筆を使って少しずつ肌にのせていきます。
ニキビ跡やシミには赤みのある色を、くぼんでしまった目元やほうれい線には黄みがかった明るい色を使用します。
ハイライトはTゾーンと頬骨にのせます。
すべてつけすぎは逆効果になってしまいますので注意しましょう。
自然な凹凸感が見た目年齢を変えてくれます。

ハーフメイクのコツについて

最近はメディアに多くのハーフモデルやタレントが出演しており、ハーフのような顔に憧れる人が増えています。
ハーフメイクのコツは、眉毛を太くすることです。
外国人は日本人と比べて眉毛と目の間が狭いので、いつもより下に眉毛を描きます。
眉頭を下げて、ペンシルで1本ずつ足して最後にアイブロウパウダーでぼかすと自然です。
またシャドーを入れると、鼻が高くなります。
眉毛と鼻筋をつなげるように、ノーズシャドーを使えば立体的に見えます。
眉毛の色の近くて、少し濃い目のシャドーが適しており、小顔にもなります。
ノーズシャドーでなくても、ブラウン系のアイシャドーを少しずつぼかすと良いです。
ハーフメイクで使うアイシャドーはブラウンです。
目頭から目尻にかけて濃い色にグラデーションを作ります。
ラメの強いものは立体感を損なうことがあるので、ラメは薄いものが良いです。
下まぶたにも濃い目のブラウンを入れると、涙袋が強調されて目が大きくなります。

check

佐鳴予備校
http://www.sanaru.jp/

Last update:2017/4/11

Copyright 2015 ばっちり?ナチュラル?メイクの魔法 All Rights Reserved.